安全にカラコン選ぶなら、和(なごみ)コンタクト


使用上の注意点

線のイラスト

★装用時間を守り、出来る限り短くしましょう。
 

時計のイラスト1日の装用時間はどれくらいですか?「寝ているとき以外はカラコンだよ。」って方も中にはいらっしゃるのでは・・・?
カラーレンズの良いところは、瞳を大きく見せたり、色を変えたりして瞳のおしゃれを出来るところですが、デメリットは透明なコンタクトレンズに比べ酸素透過が低くなっているところです。もし、無理をして長時間装用をしてしまうと、黒目(角膜)が酸素不足を起こし、黒目が傷つくこともあります。
分かっている方は多いと思いますが、安全におしゃれを楽しむためには、装用時間の短縮は非常に重要だと思います。
 

★酸素不足を起こすとどうなる?
 

角膜内皮の写真目(角膜)が傷ついたってよく耳にしますよね。さて、目が傷ついたらどうなる?痛かったり、充血したりして、眼科で治療をしてもらいますよね。重症ではなければ、目薬で治るのが大半だと思いますが、実は治っているのは角膜上皮といわれる外側の部分なのです。
黒目(角膜)は5層になっていて、一番内側の角膜内皮という部分は酸素不足や、外傷によって細胞が減ってしまうのです。細胞が減りすぎると角膜を透明に保つことが出来なくなってしまう可能性もあります。この角膜内皮細胞は再生不能な細胞ですので、何十年後の事を考えると、大事にして頂きたいと思います。
頻繁に目が充血したり、コンタクトレンズを無理に使用している方は要注意ですよ。心配な方は定期検査の時に眼科で調べてもらう事をお勧めします。
 
★交換期間を守って使用しましょう。
 

カレンダーのイラスト1日使い捨ての場合は、毎回外した時に必ず捨てて、同じレンズを再使用しないようにして下さい。2週間や1ヶ月の使い捨ては、開封日から2週間、1ヶ月で交換をして下さい。例えば2週間のうち1週間しか使用してないから、もうちょっと長く使おうというのはNGです。1日伸ばしたからすぐに目が傷つくとか、品質が急激に落ちる訳ではありませんが、日頃から長く使っている事によりトラブルの原因にも繋がりますので注意して下さい。
 
★レンズを付けたまま寝ないようにしましょう。


うたた寝のイラストコンタクトレンズを付けたまま寝てしまい、その後起きた時は、充血と乾燥がひどくて辛いですよね?体験された方も多いのではないでしょうか。
コンタクトレンズを付けたまま寝るのが良くないのは、まぶたを閉じていて瞬きしない事です。涙は瞬きをする事で排出が促進されますので、瞬きをしないと涙は出にくくなってしまいます。そうすると、まぶたを閉じている中の涙はだんだん減ってきて、コンタクトレンズが乾き、瞳が酸素不足を起こしてしまいます。
ちょっとした仮眠でも、コンタクトレンズは外して寝ましょう。
 
★レンズを取り扱う時は、きれいに手を洗いましょう。


ばい菌のイラスト手には目に見えない雑菌などがいっぱい付着していますので、コンタクトレンズを触る時には、石けん等できれいに手を洗いましょう。雑菌などが目に入ることで、眼病になる可能性もありますので注意しましょう。
 


★コンタクトレンズを触るときは、爪が当たらないように注意して下さい。


爪のイラストコンタクトレンズを取り扱うのには、爪は短く整えるのがベストですが、女性の方は爪が長いまま使用している方のほうが多いのではないでしょうか?爪が長いと、コンタクトレンズに爪が当たりやすくなり、破損の原因にもなります。特にレンズをつまむ時に爪が当たりやすくなるので注意して下さい。コンタクトレンズは、肉眼では確認できない程の小さな破損でも目を傷つけることもありますので、取扱時は指の腹の部分でコンタクトレンズを触るようにしましょう。